Home > 独り言 > 一般銀行のネット口座について

一般銀行のネット口座について

ここでは、一般銀行のネット口座を見ていきます。

殆どの方が、店舗を持つ一般的な銀行の口座を、最低でも一つはお持ちだと思います。

そして、その一般的な銀行の口座は、給料の振り込み、公共料金の引き落とし、家賃や住宅ローン、携帯電話料金などの引き落としなど、生活のための銀行口座として使っていませんか?複数の銀行口座を持って、使い分けをしているという人も多いと思います。

このような一般的な銀行でも、最近はインターネットで取引できるものが増えています。

インターネット専業の銀行口座と同じように、振込の予約や残高照会、資産運用のための投資、外貨預金、定期預金、ローン相談など、すべてをネットで申し込みをしたり、入金することが出来るので、とても便利です。

私も、生活のためのメインの銀行口座をネットで取引できるようにしていますが、夜遅い時間であっても、朝早い時間であっても、いつでも思い出したとき、時間があるとき・・・と銀行関係の作業が出来て、とても便利です。

このように、インターネットを使って取引が出来る機能は、ネット専業の銀行にもあります。
一般銀行とネット専業銀行との違い

一般銀行とネット専業銀行との違いは、色々あります。

どちらも便利ですが、預金金利や振込手数料、地域特有の利便性とサービスなどで違いがあり、ライフスタイルや用途によって、一般銀行のほうが良い人もいますし、ネット専業銀行のほうが、メリットが高いという人もいます。
預金金利

一般的な銀行の普通預金金利は、2008年<現時点>の段階で0.2%台となっていますが、ネット専業銀行では、0.3~0.5%。定期預金300 万円以下で比較してみますと、一年定期で、一般的な銀行で0.35%程度、ネット銀行の場合では、最低でも0.35となっており1.0%のところもあります。

利便性を考えず、金利の面だけを見てみると、ネット専業の銀行のほうがかなりお得だということが分かります。
振込手数料

銀行で振込をする際には、必ず手数料がかかります。

ですが、ネット専業銀行では、「同じ銀行同士なら振込手数料が無料」と言う場合も多く、有料であったとしても一般的な銀行よりも割安な振込手数料となっています。

この振込手数料も、利便性を考えずに見てみると、一般銀行よりもネット専業銀行のほうがかなりお得です。

ただ、一般銀行の強みは地域による利便性、そしてサービスがあります。大手の銀行、地方銀行の場合、手数料が無料のATMを使うことができることもあります。

ですが、ネット専業銀行の場合は、提携ATMに限りがあるので、お住まいの地域によっては、他の銀行から入金や出金をすることが必要になり、そのための手数料も発生、つまり、ネット銀行を使うことによってデメリットの部分が多く出てしまうということになります。

ですが、最近では、ゆうちょ銀行にも対応するネット専業銀行も増え、ネット銀行の利便性も良いものとなってきました。

口座を開設する際には、一度確認をし、自分にとって金利、手数料、利便性がバランスよくメリットとなるネット銀行を選択してください。

利便性の点で不安があるという場合には、用途に合わせて口座を分けるというのも一つの方法です。ネット銀行はとても便利ですから、是非一度ご利用を検討してみてください。

Home > 独り言 > 一般銀行のネット口座について

Search
Feeds

Return to page top