Home > 独り言 > ネット専業の銀行口座について

ネット専業の銀行口座について

ネット専業銀行といっても、一部は一般の銀行と同じように店舗を持つ銀行もあります。ただ、一般の銀行よりも店舗数が少ないというのが特徴です。

ネット銀行に共通する利点としては「振り込み手数料が安い」「料金が高い」と言うことです。

振り込み手数料については、同一銀行内の振込であれば無料としているネット銀行もありますし、他行への振込であっても一般銀行に比べれば格段に安くなっています。

金利についても、全体的に高くなっていますし、定期預金の金額、期間になどによりとても有利になる銀行もあります。

このように、一般銀行に比べて利点の多いネット銀行ですが、普段の生活の中でインターネットをすることが多い人には更なる利点があります。

例えば、インターネットオークションやtotoなどの公営ギャンブル、外資預金、電子マネーへのチャージ、証券口座などの入出金サービスなどが受けられます。

最近はオークションやギャンブルをする人も増えていますし、資産運用を行う人も増えています。

インターネットを使っての取引は、時間に制限がなく、自宅でゆっくりすることができ、魅力的です。

ネット銀行を利用する場合、基本的に預金通帳がありません。
口座の確認はすべてパソコンや携帯電話を使い、ネットで行ないます。

ネット銀行では、店舗が不要ですから、店舗の施設代、維持費などがかからず、店舗で勤務する人件費も必要がありません。

つまり、一般銀行と比べるとかなりコストが安く済んでいます。コスト面を預金顧客に還元することで、多くのメリット持ち、人気を維持することが出来るのです。

ネット銀行といっても色々な銀行があり、サービス面でも多種多様となっています。

自分のライフスタイルに合った、サービスを提供している銀行を選んでください。

Home > 独り言 > ネット専業の銀行口座について

Search
Feeds

Return to page top